不動産投資に必要な資金

不動産投資は一回の取引きで儲かりやすいといわれています。それはたいへん魅力的なのですが、参加するためには巨額の資金が必要になるといわれています。土地単価というものは日本では特に高くなっており、売買で利益を出すほど購入するとなりますと、それなりの面積で購入しなくてはならないので、お金持ちにしか不動産投資は向いていないとされてきました。

不動産投資で口座を作るだけでも100万円前後の資金を要求されますし、さらに儲けといえる収益を出すためには、その10倍以上の資金は欲しいところです。不動産投資はこんな環境の投資ですので、お金が無ければ傘下さえ出来ないと思われるのは仕方の無いことです。しかし方法を探してみますと、予算が少ないという人でも不動産投資で稼げる方法はあるのです。それがJ-REITという制度です。

J-REITは投資信託の仕組みを不動産向けにアレンジしたものです。ですので不動産投資信託という呼ばれ方もしています。J-REITでは少額からの出資を業者が募りまして、集めた資金で多量の土地の売買を行なうという運用をしています。この時得た収益は配当金として分配されますので、不動産投資はいまやお金持ちだけのものではないのです。

「日本経済日記」からお勧めのニュース記事をご紹介します。

今注目のベンチャー起業家twitter

東京大学新聞Onlineの特集記事です。

Tags :